コラム│実籾・東習志野で歯科をお探しの方はおなぎ歯科医院まで

047-471-5777

047-471-5777

休診日:水曜、日曜、祝日
※祝日のある週は水曜も診療いたします。

診療時間
9:00~12:30
14:00~18:30

コラムColumn

親知らずを抜歯する理由

皆さんこんにちは。

おなぎ歯科医院です。

親知らずに異常が現れたら「抜歯」を選択することが比較的多いです。

普通の歯であれば、虫歯治療や歯周病治療を行うのに、なぜ親知らずはすぐに抜いてしまうのか

今回はそんな親知らずを抜歯する必要性についてわかりやすく解説します。

 

治してもすぐまた再発する?

普通の歯が虫歯になると、虫歯菌に侵された部分を削って、レジンや金属を詰めます。

重症化した虫歯では、根管治療も必要になりますよね。

それだけ手間暇かけて治療するのは、歯を保存する価値があるからです。

治療後、セルフケアやプロケアをしっかり行っていくことで、一生涯そのままの状態を維持することも不可能ではありません。

一方、親知らずはなかなかそうはいかないものなのです。

とくに虫歯や歯周病は再発しやすくなっています。

 

親知らずは歯磨きしにくい

親知らずは、半分埋まっていたり、斜めに生えていたりしますよね。

そういった状態の歯は、歯ブラシが隅々まで行き届きにくく、磨き残しも多くなります。

その結果、虫歯や歯周病の再発リスクも高くなっています

それならいっそのこと抜いてしまった方が良いといえます。

 

周りに悪影響を及ぼしやすい

親知らずを抜歯する理由としては、手前の歯の根っこを圧迫したり、虫歯や歯周病をその他の歯にうつしやすかったりする点が挙げられます。

かみ合わせにも参加していない親知らずが、健全な歯にダメージを与えてしまうことはマイナスしかありませんよね。

ですから、他の歯を守るという意味でも親知らずの抜歯が必要となることがあるのです。

 

まとめ

このように、親知らずを抜歯する理由はいくつかに分けられますが、あくまでケースバイケースです。

他の歯と同じように、歯としての機能をきちんと果たせる親知らずなら残した方が良いといえます。

また、将来的にブリッジや入れ歯の支台歯として活用できる場合もありますので、まずは保存に努めることが大切です。