コラム│実籾・東習志野で歯科をお探しの方はおなぎ歯科医院まで

047-471-5777

047-471-5777

休診日:水曜、日曜、祝日
※祝日のある週は水曜も診療いたします。

診療時間
9:00~12:30
14:00~18:30

コラムColumn

抜いたほうがいい「親知らず」、抜かなくていい「親知らず」の違いとは?

皆さんこんにちは。
 
実籾・東習志野の「おなぎ歯科医院」です。
 
 
親知らずが生えてきたけれど抜いたほうがいいのか悩まれてはいませんか?
 
じつは、親知らずは必ずしも抜かないといけない訳ではありません
 
今回は、抜いたほうがいい「親知らず」と抜かなくていい「親知らず」をご紹介するので、参考にしてみてください。
 
 

抜いたほうがいい親知らず
  • むし歯が進行している
  • 親知らずとかみ合う歯がなく伸びてきている
  • 斜めに生えてきている
  • 親知らずが生えてきてお口が開けづらい
  • 親知らずがひどく痛む
  • 歯ぐきの腫れがある

 
親知らずは、10代後半から20代前半になってから生えてきます。
 
前歯から数えて8番目の歯で、生えるスペースがないことが多いため、横向きや斜めに生えてくることも。
 
真っすぐ生えていないとブラッシングも行き届きにくく、歯ぐきの腫れやむし歯になる可能性が高いです。
 
また、真っすぐ生えてきても、対合の歯がない場合は歯が伸びて、いずれ歯ぐきにあたるため、抜くことをおすすめします。
 
親知らず自体がむし歯になる、親知らずによって他の歯や生活に支障をきたす際には、抜いたほうがよいです。
 
 

抜かなくてもいい親知らず
  • 真っすぐ生えており健康
  • 親知らずが歯ぐきの中にある

 
親知らずが、真っすぐ生えておりむし歯や歯周病の原因になっていない場合は、抜かなくてもいいです。
 
また、対合の歯としっかりかみ合うことができ、役割を果たしていることも重要です。
 
レントゲンを撮ったら、歯ぐきの中に親知らずがあった!という方は様子を見ましょう。
 
歯ぐきが腫れたり、痛みがないのであれば、無理に抜く必要はありませんよ。
 

抜くのは簡単なの?

真っすぐ生えている場合は、通常の抜歯と変わりなく抜くことが可能です。
 
しかし、横向きや斜めに生えている場合は、隣の歯とぶつかるため、分割して抜いていきます。
 
また、下の親知らずは、顎に通っている神経に近い位置に生えているため、傷つけないように慎重に抜かないとなりません。
 
歯科口腔外科のある歯医者で治療を受けるのをおすすめします。
 
さらに、個人差があるため、本当に抜くべきかの判断をすることが可能です。
 
 
おなぎ歯科医院は、歯科口腔外科、親知らずの治療を行っております。
 
少しでも、歯ぐきに違和感や痛みを感じましたら、早めに受診してください。