コラム│実籾・東習志野で歯科をお探しの方はおなぎ歯科医院まで

047-471-5777

047-471-5777

休診日:水曜、日曜、祝日
※祝日のある週は水曜も診療いたします。

診療時間
9:00~12:30
14:00~18:30

コラムColumn

入れ歯の正しいお手入れ方法について

皆さんこんにちは。

おなぎ歯科医院です。

入れ歯をお使いで、お手入れの方法に悩まれている方といのは意外に多いものです。

入れ歯は、その他の装置と異なり、取り外すことができるので、特別な方法でお手入れする必要があるからです。

今回はそんな入れ歯のお手入れ方法についてわかりやすく解説します。

 

入れ歯は傷つきやすい

入れ歯をお手入れする際、まず「入れ歯は傷つきやすい」という点を念頭においておきましょう。

例えば、天然歯を磨くようにゴシゴシと強い力でブラッシングすると、人工歯や義歯床といったプラスチックで作られた部分に傷が生じます。

ですから、入れ歯を洗う際には、専用の「義歯ブラシ」を使って、やさしく汚れを落とすことが大切です。

その際、歯磨き粉の使用は控えてください。研磨剤が含まれた歯磨き粉は、入れ歯を傷つける原因にもなります。

 

熱湯で洗わない

入れ歯には食べかすだけではなく、お口の中の細菌なども繁殖しているので、「煮沸消毒(しゃふつしょうどうく)」が効果的に思えますよね。

熱湯で洗えば、入れ歯表面に付着した汚れも効率よく落とせそうなものです。

けれども、入れ歯の大部分は「アクリルレジン」と呼ばれる熱に弱いプラスチックで構成されていますので、洗浄の際は水道水を使うようにしましょう。

熱湯をかけると、入れ歯が変形してしまいます。

すると、お口の中に適合しなくなってしまうのです。

 

入れ歯は乾燥させない

入れ歯は乾燥させることでも、変形や変色を招いてしまいます。

ですから、お口から外す時は必ず水や保存液に浸けるようにしてください。

就寝前には「入れ歯洗浄液」を使って化学的に汚れを除去するとともに、そのまま溶液に浸けておくことをおすすめします。

そうすれば、眠っている間も入れ歯が乾燥することはありませんよね。

 

まとめ

このように、入れ歯のお手入れ方法にはいくつか重要なポイントがありますので、上述した内容を参考に、日々のケアに気を配りましょう。

お手入れ方法を誤ると、入れ歯の寿命も短くなるので注意が必要です。