コラム│実籾・東習志野で歯科をお探しの方はおなぎ歯科医院まで

047-471-5777

047-471-5777

休診日:水曜、日曜、祝日
※祝日のある週は水曜も診療いたします。

診療時間
9:00~12:30
14:00~18:30

コラムColumn

削らずに歯の黄ばみを白くする「ホワイトニング」のしくみ

皆さんこんにちは。
 
実籾・東習志野の「おなぎ歯科医院」です。
 
 
「歯が黄ばんできた気がする」と思われている方は、「以前のように戻りたい」と思いますよね。
 
黄ばんでいるところを削らなくても白くすることが可能なのは、歯科のホワイトニングです。
 
今回は、歯が黄ばむ理由と歯が白くなるしくみをご紹介します。
 
 

歯が黄ばむ理由とは?

前は白かったのに、以前よりも歯が黄ばんできたと思っている方は、たくさんいらっしゃいます。
 
それには、つぎの原因が考えられます。
 

  • 加齢
  • たばこのヤニ
  • 飲食による着色

 
歯も生きているため、身体と同じように老化します。
 
歯の加齢現象として、表面の白いエナメル質が薄くなり内部の黄色っぽい象牙質が透けて見えることで、黄ばんできたと感じます。
 
また、日常生活でも歯が黄色くなることがあります。
 
喫煙者の方は、ヤニがつき歯が黄ばんできます。たばこに含まれるタールという物質が主な原因です。
 
さらに、コーヒーや紅茶など頻繁に飲む方や口内に残留しやすい色の濃い食べ物が着色を招いている可能性もあります。
 
 

歯が漂白される施術とは?

それは、歯科で受けるホワイトニングです。
 
歯科では、過酸化水素や過酸化尿素といったホワイトニング剤の使用が許可されています。
 
これらには、歯を漂白する作用があります。
 
歯の表面の着色だけではなく、内部の黄ばみを分解して歯を白くすることが可能です。
 
また、ホワイトニング中に照射するハロゲンやLEDの光によって、漂白作用を促進します。
 
歯を削ることなく、内部の着色まで分解して白くすることができるのは、歯科のホワイトニングです。
 
もちろん、歯科で行う「オフィスホワイトニング」だけではなく、ご自宅で行える「ホームホワイトニング」にも漂白作用のある薬剤を使用しています。
 
 
おなぎ歯科医院では、ご希望の白さや歯の状態、ライフスタイルによって施術方法を選択することができます。
 
歯の黄ばみが気になる方は、ぜひ一度ご相談ください。